ニキビの悩みは美容皮膚科で解決!ニキビに効果のある治療を徹底比較

ニキビの悩みは美容皮膚科で解決!ニキビに効果のある治療を徹底比較

数ある肌トラブルの中でも目立ちやすく、放っておくとなかなか治らないニキビ。市販の薬を塗ったりつぶしたりと、自己流に対処している人も多いのではないでしょうか。

実はニキビは、「尋常性挫創(じんじょうせいざそう)」という皮膚病の一種で、皮膚科で健康保険適用の治療を受けることもできます。よりスムーズに治療を進めるためにはニキビができるメカニズムを正しく理解し、正しい治療を選択することが大切です。今回はニキビができるメカニズムから皮膚科で受けることができるニキビ治療までご紹介します。

ニキビは皮脂分泌の過剰により詰まった毛穴の炎症

ニキビは毛穴がつまって外へ出られなくなった皮脂が炎症を起こして現れる皮膚の病気です。

お肌は本来、健康な状態を保つために細胞分裂によって毎日新しい皮膚が生まれ、徐々に剥がれ落ちる「ターンオーバー(または角化:かくか)」を繰り返しています。しかし皮脂が過剰分泌することによって、毛穴付近の皮膚が角化異常を起こし、うまく剥がれ落ちずにたまってしまうと、毛穴がふさがってニキビの原因となることがあります。

ニキビの進行は、次の3段階に分けられます。

1.初期ニキビ

皮脂が毛穴にたまった状態を面皰(めんぽう)といいます。毛穴に詰まった皮脂が薄い皮膜を通して白っぽく見えるため、「白ニキビ」とも呼ばれます。

2.中期ニキビ

白ニキビとなった毛穴の先が開き、古くなった皮脂が酸化することで黒くなり「黒ニキビ」となります。古くなった皮脂は粘度が高くなっているため、毛穴が開いてもなかなか自然には排出されず悪化してしまいます。

黒ニキビを放置していると「赤ニキビ」という炎症を起こした状態になります。詰まった毛穴の中は酸素が少ない状態なので、「アクネ菌」と呼ばれるニキビの原因菌が繁殖しやすく、炎症がひどくなってしまいます。腫れや痛みを感じることもあり、それによって毛穴が盛り上がった状態を「丘疹(きゅうしん)」といいます。

3.末期ニキビ

赤ニキビを放置していると中に膿が溜まって「黄ニキビ」となり、黄ニキビの状態まで悪化してしまうと治るのに時間がかかってしまいます。溜まった膿は細菌と戦った白血球などの細菌の死骸を含む体液で、つぶすことでますます悪化します。 毛穴の周囲にまで炎症が及んでいるため、治癒後のお肌は陥没したような痕や色素沈着が残ることもあります。痕を残さなくてすむように黄ニキビになる前に治すよう心がけましょう。

ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

ニキビには10代にできやすい「思春期ニキビ」と20代以降にできる「大人ニキビ」の 2種類に分けられます。どちらのニキビも皮脂が過剰に分泌され、毛穴を塞ぐことで形成されますが、原因やできやすい箇所に違いがあります。

思春期ニキビは、男性ホルモンが増加して皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まることが原因で、Tゾーンなど皮脂分泌が多い箇所によくできます。一方、大人ニキビは日常のストレスやメイクによって肌のターンオーバーが乱れ、毛穴が詰まってしまうことが原因で、アゴや頬、乾燥しやすい箇所にできる傾向があります。

ニキビの根因となる皮脂の分泌量には個人差があります。もともと男性ホルモンが多く、皮脂分泌が活発な体質の人は、ニキビの発症リスクが高いので生活習慣に注意しましょう。脂質の多い食事を控え、常に肌を清潔に保つよう心がけてください。

他にも強いストレスや不規則な生活、バランスの悪い食生活などでホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌が活発になることがあります。規則正しい生活と十分な睡眠、バランスの良い食生活は正常なターンオーバーを促し、健やかな肌を保つためには重要です。

もしニキビができてしまったら、優しく丁寧な洗顔と正しい保湿、毛先が肌にあたらない髪型などを心掛け、お肌への負担を減らしましょう。

飲み薬や塗り薬は健康保険の対象に

ご紹介したようにニキビは尋常性挫創というお肌の病気なので、治療法によっては健康保険適用の対象になります。

2008年に日本皮膚科学会によって発行された「尋常性挫創治療ガイドライン」によって保険が適用される治療法の幅が増えました。このガイドラインにより、急性炎症期(赤ニキビ)~維持期(治りかけの状態)のニキビに対して、毛穴の詰まりを取りのぞく「アダパレン系」と毛穴の詰まりを取るだけでなく抗菌作用もある「過酸化ベンゾイル系」の2系統が保険適用で処方される外用薬として使用可能になりました。

ニキビの状態によっては、毛穴にたまった皮脂を取り除く「面皰(めんぽう)圧出」という処置を行うこともあります。専用の針で穴を開け、中心に穴の開いた器具で皮脂を押し出す治療です。「自分で潰すのと同じでは?」と思われるかもしれませんが、中途半端に押し出すことで炎症が悪化したり、周囲の皮膚が傷ついて痕が残ったりすることもあるのでやめましょう。

全額自己負担で広がる選択肢

保険が適用される外用薬は初期症状を改善し、新たなニキビの発生を抑えてくれます。しかし効果が出るまでにある程度の期間が必要で、悪化したニキビにはなかなか効果を実感できません。そこで選択肢としておすすめしたいのが自由診療によるニキビ治療です。 健康保険の対象とならない自由診療は、治療費が全額自己負担です。同時に治療を受けると本来健康保険が適用される診療も全額自己負担となるので、注意しましょう。

治療法 概要 料金の相場
ケミカルピーリング 専用の薬液を塗布し、古い皮膚を剥がすことで毛穴の詰まりを取り除く施術です。保険適用外の治療ですが、ガイドラインで急性炎症期の治療法の一つとして推奨されています。 1回あたり5,000~10,000円程度 ※顔全体と一部で料金を分けている場合もある。 ※複数回の施術を推奨するクリニックが一般的。
フォトフェイシャル 特殊な光を照射することで細胞の働きを活性化し、お肌を再生させる施術です。ニキビ跡の赤みや色素沈着を改善するために選択する人も多いようです。アクネ菌を殺菌して皮脂の分泌を抑える効果があるので、ニキビの発生を抑えることもできます。 1回あたり10,000~30,000円程度 ※顔全体と一部で料金を分けている場合もある。 ※複数回の施術を推奨するクリニックが一般的。
レーザー 深刻化したニキビやニキビ痕にも照射できる施術です。ニキビの原因となるアクネ菌を死滅させるレーザーや、皮脂や膿を溶解させるレーザーなど、照射するレーザー光の種類で期待できる効果が違ってきます。 1カ所あたり10,000~50,000円程度 ※施術範囲によって料金が大きく異なる。 ※施術機器の方式によって料金が大きく異なる。
その他薬剤治療 ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビには、経口避妊薬や抗男性ホルモン薬が処方されることもあります。病院が独自に調合した自家製剤や、漢方薬を治療に用いるケースもあります。 ※施術内容によって料金が大きく異なる。

進行したニキビは治療も検討を

このように、ニキビの治療にはたくさん選択肢があります。一人で悩まずに一度病院を受診してみましょう。お肌の健康に関する技術は日々研究が進んでおり、ご紹介した以外の治療法もたくさん登場しているので、医師と相談し早めの改善を目指しましょう。

関連記事