目の下に現れるクマの種類と原因は?目立つクマを改善するケアもご紹介

目の下に現れるクマの種類と原因は?目立つクマを改善するケアもご紹介

お疲れ顔の代名詞でもある目元のクマ。実はクマには3種類あって、それぞれのタイプによって原因と対策が違います。自分のクマがどれに当てはまるのかを知ってイキイキとした目元を目指しましょう!

3種類のクマの原因や見分け方

血行不良が原因で現れる「青クマ」

青黒く見える「青クマ」は、寝不足や冷えなどによる血行不良が主な原因です。目の下に存在するたくさんの毛細血管が血行不良によって青くなり、薄い皮膚を通してクマとして現れるのです。クマを下に引っ張ると薄くなり、年齢を問わず出現するのが特徴です。 寝不足や冷え以外にも、パソコンやスマートフォンの普及によって、目を酷使することが多い人や、生理期間の血行不良や貧血が原因で青クマが現れるという女性もいます。

色素沈着が原因で現れる「茶グマ」

茶色くくすんだ色のクマは「茶グマ」といい、メラニン色素の沈着によって現れます。目の下を引っ張ったり上を向いたりしてもクマが消えないのが特徴です。目元の色素沈着にはさまざまな原因がありますが、特に気をつけたいのが「紫外線」「アイメイク」「外的刺激」による色素沈着です。

「紫外線」の場合は、紫外線によって発生したメラニン色素が肌の生まれ変わりとともにうまく剥がれ落ちずに目元にとどまってしまうことが原因となります。「アイメイク」が原因の場合は、濃いアイメイクをしたり強いクレンジング剤でメイクを落としたりするときの目元への負担が蓄積されて色素沈着を引き起こしてしまいます。「外的刺激」には、湿疹や花粉症、かぶれなどで目の周りを擦ったり掻いたりすることが刺激となり、皮膚を守ろうとメラニン色素が過剰に発生してしまうことが原因となります。

たるみによる影が原因で現れる「黒クマ」

目の下の脂肪やたるみが影となって現れるのが「黒クマ」です。色は茶グマと似ていますが、上を向くとクマが目立たなくなるという特徴があります。

黒クマができる主な原因は加齢によるものです。年齢を重ねると目の下の皮膚が薄くなったり、肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸が減少して肌にハリが無くなったりします。すると目の下がたるみ、影が生じて黒く見えるのです。

また、下まぶたにある「眼窩脂肪(がんかしぼう)」と呼ばれる脂肪が生まれつき多い場合や、加齢によって目の周りの筋肉が衰え、支えきれなくなった眼窩脂肪が押し出されることによっても黒クマができます。

自宅でできるタイプ別のクマ解消法

「青クマ」は血行を促進して解決

目元の血行不良が原因の青クマは血流を促すことが大切です。寝る前のスマートフォン操作は避け、しっかり睡眠をとりましょう。血行改善には温感のアイマスクや入浴、ツボ押しも有効です。入浴中に顔のツボ押しをするとさらに効果的です。

「茶グマ」は美白と紫外線対策で解決

メラニン色素の沈着が原因の茶グマは、美白化粧品を使ったスキンケアが有効です。特にビタミンC誘導体の配合されたものは、肌の新陳代謝を助けて肌の生まれ変わりを助けてくれる効果があるので、基礎化粧品で取り入れましょう。

茶グマを予防するためには紫外線対策を行うことも大切です。外出の際は顔専用の日焼け止めを塗るようにしましょう。目元はムラになりがちなので、丁寧に塗り込みます。

「黒クマ」は保湿とマッサージで解決

目の下の脂肪やたるみが影になることでできる黒クマは、たるみにアプローチしなくてはなりません。眼輪筋を鍛え、目元のハリ感を引き出す有効成分をスキンケアで取り入れてみましょう。

関連記事