頑固なニキビ痕を消したい!正しいホームケアや美容皮膚科の治療についてご紹介

頑固なニキビ痕を消したい!正しいホームケアや美容皮膚科の治療についてご紹介

赤みや色素沈着などのニキビ痕。メイクをするときや鏡を見るときに、ついつい気になってしまいますよね。きれいに消すためには、ニキビ痕の種類にあった正しい方法で解決することが重要です。今回は、ニキビ痕が残る原因やニキビ痕を消す方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ニキビ痕が残る3つの原因

ニキビは、皮脂や老廃物をエサとするアクネ菌が増殖することで、毛穴が炎症を起こし発症します。では、ニキビ痕が残ってしまうのはどうしてなのでしょうか?ここでは、主なニキビ痕の種類とその原因についてご紹介します。

赤みが残るタイプ

肌の表面に凹凸はないものの、赤みだけが残っている状態です。赤みが残る原因として、次の2つが考えられます。 1つ目は、肌の内側でまだ炎症が続いているケースです。肌表面の炎症は落ち着いていても、肌の奥では炎症が続いているので赤みだけが目立ちます。

2つ目は、ニキビによる炎症が原因で肌にうっ血が起こっているケースです。どちらも炎症が治まることで赤みが和らいでいきますが、肌のターンオーバーに異常があると赤みが残りすくなります。

シミのような痕が残る色素沈着タイプ

ニキビができた箇所に、紫色や茶色のシミが残るこのニキビ痕は、「炎症後色素沈着」とも呼ばれ、ニキビの炎症によって肌にダメージが起こり色素沈着が起きている状態です。一般的なシミとそっくりなので区別がつきにくいのが特徴です。

赤~紫色の色素沈着はヘモグロビンによるもので、化膿や炎症でニキビ痕周辺の毛細血管が破壊されて血行が悪くなることで発生します。炎症によるダメージで内出血が起こったものが痕として残ってしまいます。ニキビを悪化させないことや新陳代謝を良くするなど、肌環境を整えていくケアが有効です。

茶色の色素沈着は、ニキビの炎症から肌細胞を守るために大量のメラニン色素が生成されることが原因で発生します。ニキビによるダメージで肌のターンオーバーが正常に行われないので、ニキビの炎症が治まってもメラニン色素だけが残ってしまいます。

肌の凹凸が気になるクレータータイプ

「陥没瘢痕(かんぼつはんこん)」とも呼ばれ、炎症が落ち着いた後の肌表面にくぼみができてしまう症状です。ニキビ痕の中でも重症であるクレータータイプは、ニキビを放置したり潰したりすることで、肌の奥深く(真皮層)にまでダメージが及ぶことが原因で発生します。

ニキビの炎症や化膿により皮膚を修復する機能が弱まってしまい、その部分だけ弾力やハリがなくなりクレーター状にへこんでしまうのです。

実践したい!有効なホームケア方法を紹介

ニキビ痕ができてしまったら、日々適切なケアをすることが大切です。赤みがあるニキビ痕や色素沈着によるニキビ痕は、ホームケアでも緩和が見込めます。ここでは、簡単に実践できるニキビ痕に有効なホームケアをご紹介します。

しっかりと保湿をする

乾燥した肌はバリア機能が低下しているので、とても敏感な状態。ニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすくなっています。自分の肌に合う化粧水や保湿クリームを使って普段より入念に保湿を行うことで、肌のバリア機能が整い、ニキビ跡の改善につながります。

基礎化粧品の見直し

ニキビ痕に有効な成分が含まれたスキンケア商品を使用することで緩和が見込めます。赤~紫色のニキビ痕は毛細血管が壊れていることが原因なので、肌の修復を促す「ビタミンC誘導体」の入った基礎化粧品や美容液を使用するといいでしょう。

シミのような茶色のニキビ痕はターンオーバーを正常化し、メラニン色素をスムーズに排出させることが重要なので、肌の新陳代謝を促す「レチノール」の入ったスキンケア用品を使うことをおすすめします。レチノールとはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促進する作用がある成分です。

ピーリングでスペシャルケアを

肌の表面に蓄積された古い角質や汚れを取り除くピーリングケア。古い角質を取り除くことで、化粧水などの浸透力があがり、ターンオーバーを正常に整えることができます。ピーリング石けんやピーリングジェルなどさまざまな種類があるので、使いやすいアイテムを1週間に1~2回のスペシャルケアとして取り入れることがおすすめです。

規則正しい生活やバランスのとれた食事

肌のターンオーバーを整えるには、規則正しい生活やバランスの取れた食生活も欠かせません。睡眠不足やストレスは、ターンオーバーを乱す原因に。肌に負担をかけないためにも、日頃の生活習慣から見直すことが大切です。

皮膚科治療で効率よく改善する方法も

ニキビ痕を消すためには、ホームケアだけでは限界がある場合も。とく

に、クレータータイプのニキビ痕は真皮層がダメージを受けているため修復が難しく、皮膚科治療が必要です。ニキビ痕を消す方法として、どのような皮膚科治療があるのか症状別にご紹介します。

赤みタイプには肌機能を正常にする治療を

赤みのあるニキビ痕を消す方法としては、主に次のような治療があります。

ケミカルピーリング

ホームケアでのピーリングとは異なり、肌の状態に合わせた医療機関専用のピーリング剤を使用します。皮膚表面の古い角質を取り除くのと同時に、肌の細胞に刺激を与える治療法。

肌をリセットして、ターンオーバーを正常な状態に戻します。ケミカルピーリングだけを受けるのではなく、レーザー治療やイオン導入などのニキビ治療とセットで行うことでより効果を実感できます。

カウンセリング あり
施術時間 約20~30分
料金 顔全体10,000円程度
入院 なし
麻酔 不要
痛み サリチル酸ピーリングの場合、ピリピリとした痛みを感ジル場合があるが、我慢できる程度
ダウンタイム なし。照射直後からメイク、入浴、洗顔が可能。
施術頻度 2週間おきに施術を行うと良い
注意事項・アフターケア ・施術前日の顔剃り、パック、スクラブ洗顔は避ける ・顔に湿疹や口唇ヘルペス、伝染性膿痂疹(とびひ)がある場合にも治癒するまでは施術ができない ・当日のサウナ、長時間の入浴は避ける必要がある ・照射後は紫外線の影響をうけやすいので日焼け対策をする

色素沈着タイプは種類によって適切な治療を

色素沈着のニキビ痕を消す方法は、色素沈着の種類によって治療メニューが異なります。カウンセリングの時に、どのようなことが原因でニキビ痕になっているのかチェックし、適切な方法を選択します。

赤~紫色の色素沈着には「イオン導入」

微弱な電流を用いて、肌に浸透しづらいビタミンC誘導体などの有効成分を肌の奥まで浸透させる方法です。肌の修復を促す効果のあるビタミンC誘導体は、赤~紫色のニキビ痕に作用します。また、皮脂の分泌を抑える作用もあるのでニキビができにくい状態に導いてくれるところも特徴です。

カウンセリング あり
施術時間 10~15分程度 ※他の施術と組み合わせると1~1時間半程度かかる場合もある
料金 導入薬剤によって差がある 5,000~20,000円
入院 なし
麻酔 不要
ダウンタイム なし。施術直後からメイク、入浴、洗顔が可能。
施術頻度 1ヶ月に1度。定期的に施術を行うとより良い。
注意事項・アフターケア ・心臓疾患、悪性腫瘍、現在ヘルペスがある、金属の糸が入っている、てんかんの既往がある方は治療を受けることができない ・まれに肌に赤みが出る ・妊娠中の方、てんかんの既往のある方、ペースメーカーなどの体内埋め込み式の医療機器を使用の方は受けられない ・施術後の肌は敏感なので外的刺激を避け、紫外線ケアを行う ・施術後の肌は乾燥しやすい状態なので保湿ケアをしっかり行う ・施術直後の顔剃り、パック、スクラブ洗顔は控える

茶色の色素沈着には「レーザートーニング」

茶色のニキビ痕の原因になるメラニンを破壊するレーザーです。直接メラニン色素を破壊するので即効性があります。また、ダウンタイムがほとんどなく、短時間で施術が終わるため、手軽に利用できるところもメリット。ニキビ痕の濃さにもよりますが、5回~10回の施術が目安です。

カウンセリング あり
施術時間 約10~20分
料金 顔全体10,000円程度
入院 なし
麻酔 不要
痛み チクチクする感覚があるが、我慢できる程度
ダウンタイム なし。照射直後からメイク、入浴、洗顔が可能。
施術頻度 2週間おきに5回程度施術を行うと良い
注意事項・アフターケア ・体質によって赤みや吹き出物が出る場合がある ・むくみ、腫れ、内出血が出る場合があるが時間とともに落ち着く ・施術後の肌は敏感なので外的刺激を避け、紫外線ケアを行う ・施術後の肌は乾燥しやすい状態なので保湿ケアをしっかり行う

クレータータイプにはお肌細胞を活性化させる治療を

ジェネシスレーザー

肌の弾力をつかさどる線維芽細胞にレーザーを照射してコラーゲンの生成を活性化させる治療です。コラーゲンにより肌表面がふっくらし、肌表面をなめらかな状態に整えてくれます。

カウンセリング あり
施術時間 約20~30分
料金 顔全体20,000~30,000円程度
入院 なし
麻酔 不要
痛み 温かいミストを浴びているような感覚
ダウンタイム ほとんどなし。照射直後からメイク、入浴、洗顔が可能。
施術頻度 2~4週間おきに施術を行うと良い
注意事項・アフターケア ・照射中に、熱感やひきつり感を感じることがある ・照射後、顔が赤くなることがある ・当日のサウナ、長時間の入浴は避ける必要がある ・照射後は紫外線の影響をうけやすいので日焼け対策をする

まとめ

今回は、ニキビ痕ができてしまう原因やニキビ痕を消す方法をまとめてご紹介しました。ニキビ痕は種類によって、ケアや治療方法が異なります。正しい方法でケアすることが、ニキビ痕改善の近道です。毎日のホームケアも大切ですが、皮膚科医師の判断のもと適切な治療を受けたほうがよいでしょう。

関連記事