ウルトラフォーマ3のHIFUじゃないとできないたるみ治療・脂肪除去とは?

ウルトラフォーマ3のHIFUじゃないとできないたるみ治療・脂肪除去とは?

若いころには気にならなかった顔や身体の脂肪・たるみ。 一度気になりだすと美容についていろいろ調べだしてしまいますよね。

でも、整形手術をしてまでは……。エステは効果がいまいちだし、通い続けているとどんどん高額なコースや付属品を勧められて最終的にいくら払えば終わりになるのかわからない。効果がないものにお金を払い続けることできませんよね。

今回の記事は「ウルトラフォーマー3」というエステにはない、医療用のHIFU(ハイフ)マシンについて詳しく説明いたします。

ウルトラフォーマー3は、今までのレーザーや光治療、高周波では届かず、外科手術でしか行えなかった深いSMAS(筋膜)・脂肪層の治療が可能になった機械です。脂肪層をターゲットにして脂肪そのものを減少させることができるため、痩身治療としても高い効果を発揮します。 また、皮膚の表面にダメージを与えないため、整形手術をするようなダウンタイム期間もありません。

ウルトラフォーマー3の治療原理「HIFU(ハイフ)」の効果って?

HIFU(ハイフ)とは高密度焦点式超音波療法(High Intensity Focused Ultrasound)の頭文字を取ったものです。

HIFU(ハイフ)とは皮膚表面にダメージを与えることなく、皮膚表面のカートリッジから照射された超音波が、皮膚の真皮層や筋膜上の1点に集中し、瞬間的に65~75℃の高温に温めて「熱凝固(ねつぎょうこ)」ゾーンを形成します。

熱凝固(ねつぎょうこ)で深層部からリフトアップ

高周波の熱で特定部位をピンポイントで焼いて破壊し、凝固する現象を熱凝固といいます。癌(がん)治療にも用いられている治療です。医療業界では電気メス、一般家庭ではIHクッキンヒーター、電子レンジ等が同じような原理を利用しています。

熱凝固した皮下組織はいったん壊れますが、人間の治癒メカニズムにより、皮下組織を新しい細胞で再構築していく過程で新しいコラーゲンに富んだ組織となります。また、再構築していく過程で熱凝固はたるんだ筋膜の収縮もさせていくため、深層部からのリフトアップができるのです。

ウルトラフォーマー3は、カートリッジによって、焦点の深さを1.5mm、2.0mm、3.0mm、4.5mm、6.0mmと自在に変えることができ、目的や、皮膚の厚み、治療したい部位によって最適な深さのカードリッジを選択して治療ができます。

HIFU(ハイフ)の特徴

「切らない脂肪吸引」法として、進化をし続けている注目の「HIFU(ハイフ)」。

美容皮膚科でのHIFU (ハイフ)は、まず機械が「医療用である」という特徴があります。医師免許を持っているからこそ扱える医療用HIFU (ハイフ)は、高出力で脂肪細胞をしっかりと破壊する「熱凝固作用」があり、1回の施術でもしっかりとした効果を得ることができます。

HIFU(ハイフ)は脂肪層を狙って焦点を当てることができるため、二重あご、くびの皮膚や目の周りのたるみまで治療が可能です。また、「創傷治癒」効果でコラーゲン生成能力がUPするため、顔のたるみがとれるだけでなく肌をきれいにする効果も期待できます。

HIFUでリフトアップができる理由

今までのたるみ治療はメスを使ってSMAS(筋膜)を引っ張るフェイスリフト手術が、一番効果が高かったのですが、ダウンタイムが長く、メスを入れることに抵抗がある方も多くいました。

従来のレーザーや超音波治療器では真皮層か深くても浅い皮下脂肪層までが限界で、SMAS(筋膜)にまでは届きませんでした。一方、HIFU (ハイフ)は美容整形などでメスを使っておこなうフェイスリフト手術と同じように、皮膚の深部のSMAS(筋膜)に直接照射することができるため、たるみ治療・リフトアップが可能です。

HIFU(ハイフ)治療の持続効果はどのくらい?

効果のピークは治療3カ月後です。ウルトラフォーマー3のHIFU(ハイフ)効果は脂肪を溶かすため即効性もありますが、破壊された脂肪は1〜3カ月かけて体外に排出され、新たに置き換わる組織が成熟するのにも時間が必要だからです。

実際に脂肪を破壊しているため、効果持続期間の目安後、すぐに元に戻るということはありません。しかし、せっかく治療をしたのに、その後、太ってしまう生活習慣を続けてしまって、太ってしまっては非常にもったいないですね。

治療と一緒に効果を継続できるような生活習慣も身につけましょう。以下が部位ごとのピーク効果持続期間の目安です。

  • 全顔:5~6カ月
  • 目元周囲:1.5~2カ月
  • 額のシワ:1.5~2カ月
  • ほうれい線:1.5~2カ月
  • くびまわり/あご下:1.5~2カ月
  • 二重あご/たるみ:脂肪溶解効果

ウルトラフォーマー3で可能な施術部位は?

基本的に、ウルトラフォーマー3は脂肪がある場所なら全身に施術することが可能です。

たるみ治療・小顔をめざす場合には、フェイスライン・上下まぶた・頬(ほお)・顎(あご)・首に照射します。

ウルトラフォーマー3で治療するメリットとは?

メスを使わずに治療効果の高い施術ができる

ウルトラフォーマー3の最大のメリットは、HIFU(ハイフ)の力でメスを使わずに治療できることです。従来のレーザー治療などでは深層まで届かず外科的治療しかできなかったSMAS(筋膜)層に、「たるみ治療」ができます。

狙った部位(深さ)に対してのみ熱を与えるので、皮膚の表面にはダメージがかからず、メスを使わないため、ダウンタイムがほとんどないという点もメリットです。

ウルトラフォーマー3で治療するデメリットとは?

デメリットは施術中の痛み

ウルトラフォーマー3の唯一のデメリットは治療中の痛みです。HIFU(ハイフ)の熱で脂肪や筋膜に熱ダメージを与えるため、施術中にはチクチクとした痛みを感じます。そのため、施術は麻酔をして、顔を機械で冷却しながらおこないます。施術後は、肌表面には影響はありませんがダウンタイムの期間(最長でも一週間程度)は筋肉痛のような鈍い感覚があります。

従来のウルセラとウルトラフォーマー3との違い

ウルトラフォーマー3は皮下脂肪層・筋膜まで治療ができる点が優れている

ウルトラフォーマー3以外で機械による「たるみ治療」には、ウルセラ(ウルセラピー)やサーマクール、エンディメット・ダブロといった機械治療があげられます。たとえば、エンディメットという機械はウルトラフォーマー3のデメリットである痛みを感じることはありませんが、ウルトラフォーマー3のメリットである皮下脂肪層・筋膜という深い部分の治療はできません。

ウルトラフォーマー3以外の機械にも、皮膚自体をかなり引き締める効果はあるため、どの機械が自分の希望に合っているのかは料金や痛み、たるみの程度などを比較し、クリニックのカウンセリングで相談してみましょう。

初期のたるみ改善・たるみの予防にはウルトラフォーマー3を使ったハイフシャワーという施術方法がある!

「ハイフシャワー」とは、肌の浅い層に照射して仕上げ、HIFU(ハイフ)をシャワーの様に全体にサーッとあてていく治療方法なので呼んでいるハイフシャワーと呼ばれているメニューです。ハイフシャワーはHIFU機器の中でも、ウルトラフォーマー3にしかできない照射方法です。即効性があるので、照射直後から頬や顎のたるみが改善したことを実感できます。

ハイフシャワーの効果はたるみ・たるませないための予防治療・小顔・小じわ・ハリ・ツヤなどに即時効果があるのが最大の魅力のひとつです。 ダウンタイムがなく、肌質改善したいと思われている方にもおすすめの治療です。

ただし、ウルトラフォーマー3のように深層部分までの治療ではないため、即効性はありますが、1カ月に1回の間隔で3~5回の治療が望ましいです。

どんなときにハイフシャワーを選択するのかですが、軽度のたるみや、メンテナンスの場合はハイフシャワーを定期的におこなうことをおすすめします。

ウルトラフォーマー3の施術の流れ

1、当日来院:受付で予約名を伝えてよばれるまで待機します。

2、診察とカウンセリング:先生と悩み相談・不安を解決してもらいます。

3、同意書にサイン:診察後、施術内容に納得できたら注意事項の同意書にサインをします。

4、麻酔開始:麻酔を看護師さんにセッティングしてもらいます。

5、ウルトラフォーマー3照射:治療が開始。施術時間は60分前後です。

6、メイクをして終了:終わったらパウダールームでお化粧をします。スキンケア用品は用意されている場合もありますが、メイク道具は持参しておくと安心です。

7、マスクをもらって帰宅:帰り際に専用のフェイスアップ用マスクをもらって帰宅します。

当日、ウルトラフォーマー3の施術を受ける2時間前に飲食を済ませておくこと

ウルトラフォーマー3の治療を受ける当日は2時間前に飲食を済ませておく必要があります。理由は、効果を上げるために、たくさんのショット数を照射するため、麻酔をかけるからです。麻酔というと大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、ウルトラフォーマー3の唯一のデメリットは痛みです。

歯医者などで聞いたことがある人もいるかもしれませんが、意識がなくなるような麻酔ではなく、鼻から吸っている間だけ、軽い麻酔が効いている笑気(しょうき)ガスで麻酔をします。まれに麻酔で気分が悪くなる方がいるため、飲食は2時間前に済ませておくことが望ましいでしょう。

施術後の当日の飲酒について

施術後の飲酒については問題ありません。念のため、麻酔を取ってからすぐの運転は控えると良いですが、麻酔が切れた後は運転も可能です。

治療後のケアについて

トータル何回くらい施術を受けたほうが効果的?

ウルトラフォーマー3の効果は治療を行ってから3カ月後がピークの治療法です。もちろん、3カ月経過後にすぐに元に戻ってしまうということではありませんが、ウルトラフォーマー3の治療は繰り返すことによって更に効果が表れます。半年~1年に一度は治療を受けることが望ましいでしょう。

複数回にわたって施術する場合、期間を空ける必要は?

ウルトラフォーマー3は真皮・皮下組織・筋膜(SMAS層)や脂肪層に超音波エネルギーを集中して照射することによって、皮下組織をいったん壊し、人間の治癒メカニズムで皮下組織を新しい細胞で再構築する治療です。

そのため、再生するまでの3カ月程度は期間を空ける必要があります。

ウルトラフォーマー3は痩身の施術でも脂肪除去が可能!

身体(痩身)に利用するエステのHIFUとは違う?

エステにもHIFU(ハイフ)はありますが、そもそも機械の出力が違います。ウルトラフォーマー3は脂肪を破壊しているので脂肪が溶けますが、エステでは熱ダメージが起こる医療用の機械は使うことができません。

脂肪を破壊したり、筋膜に熱を照射するというのは医療行為であり、医師免許がないとできない治療です。医療機関以外の施設に「医療用のHIFU(ハイフ)機器」を置くことは許されていません。そのため、エステで使用される機器は熱ダメージの発生しない低出力の危機であるはずか、出力が発生する場合には医師法違反、薬機法違反を行っている、あるいは健康被害に十分気を付ける必要があります

痩身マシン「クラトゥー・アルファ」との違いは?

ウルトラフォーマー3と同様に脂肪を破壊する痩身マシンとして「クラトゥー・アルファ」という機械があります。

どちらも脂肪を破壊しますが、ウルトラフォーマー3が熱で溶かすのに対して、クラトゥー・アルファは冷やして凍傷を起こし、脂肪を破壊するアプローチをとります。

クラトゥー・アルファのメリットはウルトラフォーマー3と比べると施術中の痛みがないという点です。ただし、クラトゥー・アルファでは、一度で治療できる範囲がせまい、限られていると言うデメリットがあります。

クラトゥー・アルファはウルトラフォーマー3に比べると効果がでるまでに時間がかかるというデメリットもあり、価格で比較してもあまり変わらないため、どうしても施術中の痛みが苦手という方にはクラトゥー・アルファも効果的です。 施術中の痛みを我慢できる場合には、ウルトラフォーマー3がおすすめです。 ウルトラフォーマー3で得られた痩身効果は脂肪吸引と同様、持続性があり、2~3カ月程度で効果が表れます。

ウルトラフォーマー3のよくある質問

ウルトラフォーマー3はどんな悩みを抱えている人に向いていますか?

メスは入れずに、あごや頬、二重顎のたるみを引き締めたい、顔全体を引き締めたい、小顔になりたい人などに向いています。 そのほか、肌のハリを取り戻したい人やシワをなくしたい人、エステよりも高い痩身効果が欲しい人にも向いています。

ウルトラフォーマー3はHIFUのエネルギーで皮下脂肪や筋膜に熱ダメージを与えるそうですが、目や骨などには危険性はない?

人間の神経、血管などの解剖はある程度決まっているのでそれらの解剖学を熟知したドクターが危険を避けた上で、いちばん効果が出やすいように工夫して治療をしているため心配はありません。

神経・血管・解剖学を理解していないと重要な組織などに影響を与えてしまうことがあります。間違えて神経に照射してしまうと周辺の筋肉の動きが悪くなったり、感覚がなくなる麻痺などの症状がでたりする可能性のある、危険を伴う医療行為です。専門的な知識が必要です。

ウルトラフォーマー3のHIFU(ハイフ)とエステにもよくあるハイフとの違いどんなところですか?

脂肪を破壊することや、筋膜に熱を照射する行為は医療行為にあたり、医師免許がないとできない治療です。医療機関以外の施設に「医療用のHIFU(ハイフ)機器」を置くことは許されていません。

医療用の機器を医療従事者以外が取り扱う事によって発生した火傷などの健康被害や、それらを販売した仲介業者に対して、医師法違反や薬機法(旧薬事法)違反で逮捕令があり、消費者庁のホームページにも記載されています。

基本的にはエステのHIFU機器はこれらの、健康被害や薬機法に当たらない出力の低い機器であるはずか、医療用のものを違法に使用しているサロン等では十分に健康被害に留意する必要があります。

シミに悩んでいて敏感肌体質です。施術を受けることは可能ですか?

ウルトラフォーマー3は肌の表面に影響を与えず治療することが可能なため、肌質に限らず(よほどの炎症が起きている状態でない限り)、問題ありません。

治療ができない対象の方はどんな方ですか?

  • 金属製インプラント
  • ペースメーカー
  • 金の糸
  • 埋め込み式除細胞器
  • 埋め込まれた金属プレート
  • 真皮に注入したフィラー
  • 金属ステント
  • ケロイド

ダウンタイムはどのくらいですか?

ダウンタイムは個人差がありますが、数日から長くても一週間程度。なかには多少腫れる方や、筋肉痛のような感覚を数日感じることがあります。

施術が終わったら普段通りメイクして帰宅しても問題ありませんか?

問題ありません。肌の表面には影響がないため、普段通りの化粧をして帰宅することが可能です。