レーザー治療の最前線ピコシュアで美肌を取り戻す

レーザー治療の最前線ピコシュアで美肌を取り戻す

美容レーザーにはさまざまなマシンがあります。ルビーレーザー、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの波長の違い、ロングパルス、Qスイッチレーザー、ピコレーザーなどの照射時間の違い、またレーザートーニング、フラクショナルレーザーなどの照射方法の違いで、アプローチできる肌悩みが異なります。

本記事では、現在施術が受けられるレーザー治療のうち、最も照射時間が短いピコレーザーのマシンであるピコシュアを紹介します。

「従来のQスイッチレーザーとの違いはどんなところなのか?」、「複数あるピコレーザーを照射するマシンのうち、ピコシュアにはどのような特徴があるのか?また、他のマシンとの違いはどんなところなのか?」なのについて説明していきますので、ぜひご覧ください。

ピコシュアはピコレーザーの美容レーザーマシン

美容医療で使われることが多いレーザーは、複数の波長からなる光から一つの波長を取り出して人工的に作られた光線です。

美容医療では色素に反応する波長のレーザーでシミやタトゥーを薄くしたり、レーザーを当てることによる熱作用で皮膚に刺激を与え、シワ、ニキビ跡にアプローチしたりしています。

レーザーのエネルギーはとても強いものなので、火傷などのリスクが生じるため、非常に短い時間しか皮膚に照射することができません。

このレーザーの照射時間をパルス幅といい、レーザーの種類によってパルス幅は異なります。これまで、パルス幅が10億分の1をあらわす「ナノ」単位のQスイッチレーザーが一般的でしたが、さらに短い「ピコ(1/1兆)秒」のピコレーザーが登場しました。このピコレーザーを照射できる美容レーザー機器のひとつとしてサイノシュア社が開発した世界初のマシンが「ピコシュア」です。

エステサロンなどで使用される光(IPL)治療のパルス幅はレーザー治療よりも長く、ナノより100万倍も大きいミリ単位です。照射時間が長いので、照射した部位の周囲に熱伝導がしやすくなります。

光(IPL)治療は熱が広く照射パワーも弱いですが、皮膚の浅いところにあるしみに対しては効果が高めです。また、光(IPL)治療には、複数の波長が含まれており、シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ痕・赤み・ハリ感などを同時に改善することができます。

つまり、濃いしみや大きいしみには光(IPL)治療よりも局所的な照射ができるレーザーの方が向いていて、シミ・そばかすなど皮膚の浅いところにあるシミなどには顔全体に向けて照射ができる光(IPL)治療の方が向いているといえます。

どちらの治療が適しているかは診察で適切に判断してもらう必要があります。

ピコレーザーであるピコシュアとQスイッチレーザーとの違い

薄いシミも狙うことができる

レーザーは、照射時間が短く、その分皮膚の奥深くまで作用するため、濃いシミのほうがよく反応します。そのため、濃いしみに比べると薄いシミにはレーザーの効果が出にくいというデメリットがあります。

例えばこれまで主流だったQスイッチレーザーで色素の薄いシミを狙って照射すると、周辺のシミのない正常な皮膚部分に熱作用のダメージ(主に火傷など)が表れてしまうことがあります。

一方で、ピコレーザーであれば、Qスイッチレーザーよりもさらに照射時間のパルス幅が短いため、瞬間的なパワーが高く、メラニン色素を正確に破壊することができます。

つまり、Qスイッチレーザーやロングパルスレーザー、IPL治療で取り切れなかった色素が薄いシミにも効果が期待できます。

色素沈着を起こしにくい

ピコレーザーは、Qスイッチレーザーに比べると照射時間が1/1000秒短いので、皮膚への熱作用が少なく、周辺組織へのダメージも少ないため、肌への負担も少なく済みます。

照射時間であるパルス幅が短いほど周辺に熱が広がらず、パルス幅が長くなると熱作用が強くなり火傷や黒ずみのリスクが高まります。

ピコレーザーの施術回数や施術スピードは、Qスイッチレーザーよりも少なく済み、多くの方が気になる痛みも輪ゴムではじく程度で軽度です。

Qスイッチレーザーではレーザーの熱作用でシミの原因となっているメラニン色素を破壊しますが、ピコレーザーは熱作用がほとんどなく、衝撃波でメラニン色素をより細かく砕くことができます。砂のように細かく砕かれたメラニン色素は、体の代謝によってリンパ管を通って排出されます。また、従来のレーザー照射に比べると、施術後の色素沈着を起こしにくいことも特徴です。

ダウンタイムが少ない

一般的に、レーザー照射後には照射した部分がしばらくの間かさぶ

たになります。そのため、治療後しばらくの間はテープ保護が必要となります。しかし、ピコレーザーであれば、レーザー照射後にかさぶたにならないような照射が可能です。そのため、治療後のテープ保護が不要ですし、当日または翌日からメイクが可能です。

クリニックの方針にもよりますが、メイク、シャワーは当日から、運動、飲酒、喫煙については翌日から可能です。

ピコシュアを照射した後は、肌表面だけでなく真皮層にもその影響が及ぶため、コラーゲンやエラスチンの生成が促進され、肌のハリや弾力の向上・にきび跡の改善などの効果が期待できます。また、肌質そのものが改善されるなど、ダウンタイムが少ないことも特徴です。

ピコシュアは照射方法を変えてでさまざまな肌悩みを一つのマシンで解決に導く

ピコシュアには、ひとつのマシンで3種類の照射を行うことができます。そのため、さまざまな肌の悩みを解決に導くことができます。

ピコシュアで除去が期待できる症状は、以下の通りです。

  • シミ、そばかす
  • くすみ、くま
  • シワ
  • ニキビ痕
  • タトゥー(刺青)
  • アートメイク
  • 肝斑
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • ほくろ
  • あざ
  • アトピー跡
  • 脂漏性角化症

また、単純に肌の色を改善するだけでなく、ニキビ跡の凹凸を目立たなくする、皮膚の若返り効果、皮膚のリフトアップ効果、毛穴引き締め効果にも期待ができます。

肝斑、肌のくすみ、色ムラにはピコトーニング

レーザーの照射方法のひとつである「トーニング」は、弱いレーザーを肌に当てることで、メラニン色素を分解・排出することを助け、シミやくすみを薄くする治療です。

顔全体に照射することで、肌全体のメラニンレベルを落とすことが可能です。

従来のQスイッチレーザーによるレーザートーニングでは効果を感じられなかった方には、ピコレーザーによるトーニングであるピコトーニングは特におすすめです。

Qスイッチレーザーによるレーザートーニングと比べると、少ない治療回数で高い治療効果が期待できます。

月に1回のペースで施術し、少しずつシミなどを薄くしていき、3~7回施術を受けるのがスタンダードです。2~3回目くらいから肌に透明感が出たことを実感することができます。

毛穴、ニキビ痕、シワ、キメにはピコフラクショナル

レーザーの照射方法のひとつである「フラクショナル」とは、レーザー光を点状(フラクショナル)に照射する方法です。

皮膚表面に多数の点状の穴が開き、真皮ではコラーゲンの生成が増加して肌が再生します。点状にメラニンを破壊し、真皮内で微細な傷をつくることで、自己再生機能にスイッチを入れます。これによりお肌が若返り、毛穴の引き締め、小じわ・ニキビ跡を改善する効果があります。

従来の炭酸ガス(CO2)フラクショナルレーザーによるフラクショナル照射は、皮膚表面に傷をつけることになるので、照射後は長いダウンタイムを必要とします。

一方で、ピコシュアのフラクショナル照射では、表皮に近い皮下部分のみにダメージを与えることができるため、皮膚表面に傷をつけません。

施術回数は、月1回ペースで3~7回受けるのがスタンダードです。

しみ、そばかすにはピコスポット

ピコレーザーをひとつひとつのシミに強く当てる照射方法が「ピコスポット」です。シミの濃い薄いにかかわらずピンポイント照射をすることができ、光治療では難しい薄いシミの除去にも確実かつスピーディーに対応できます。

低エネルギーで効果的な治療が可能であることに加えて、照射後にかさぶたにならないのも大きな魅力です。

肌全体の若返りは3つの方法すべてで照射するピコプレミアム

より早く、よりキレイになりたい方には、上記の3つの方法を組み合わせた「ピコプレミアム」がおススメです。

肌の状態に合わせ、ピコトーニング・ピコフラクショナル・ピコスポットを組み合わせ、トータル的に治療します。例えば、目立つシミにはピコスポットでピンポイント照射を行い、肌質改善、若返り効果を狙って顔全体にフラクショナル照射を行ってハリを取り戻すなど、複数の照射方式を組み合わせる治療をすることができます。

ピコシュアをおススメしたい方

  • 顔のしみが目立つ
  • 肌の色むら・くすみが目立ってきた気がする
  • 肝斑が気になる
  • そばかすを消し去りたい
  • 年とともに肌のたるみが気になるようになってきた
  • 肌のハリツヤを取り戻したい
  • 毛穴を引き締めたい
  • ボコボコになったにきび痕を滑らかにしたい
  • 肌の調子を上げて、同窓会で久しぶりに会う友人に「若い」「きれい」と思われたい
  • 小じわをなくして老け顔を脱出したい
  • 長年悩んできたあざのようなシミ(ADM)を取りたい
  • 刺青を取りたい

ピコシュアと他のピコレーザーとの違い

FDAの認証を得ているので安全性が認められている

ピコシュアは、米国の厚生労働省にあたるFDAという機関で「色素性病変(シミ等)」、「シワ」、「ニキビ痕」の幅広い」分野で承認を受けています。

ピコシュア以外でFDAの認可を取得しているマシンにはピコウェイがあります。こちらは「刺青(タトゥー)の色素を除去」の分野で承認を受けています。

メラニン色素への反応が高い

ピコレーザーを照射するマシンは複数ありますが、ピコシュアの特徴はレーザーの波長にあります。

ピコシュアは他の1064nmのピコレーザーに比べ、メラニン色素に対する吸光度が3倍も高い755nmの波長の照射ができるため、低エネルギーでも非常に効果の高い治療ができます。

さまざまな色のタトゥー(刺青)

今まで、レーザーは黒い色に反応するものが多く、黒色のシミと違って、色のついた皮膚のレーザー治療は難しい状況でした。そのため、タトゥーを除去しようとすると外科的治療を施す以外に方法がありませんでした。

しかし、ピコシュアなら1064nm、532nm、755nmの3つの波長を使うことで、他の2種類の波長しか使用できないマシンよりも多彩な色のタトゥー除去にも効果を発揮することができます。

これによりほとんどの色のタトゥーの除去に対応することができるようになりました。

フラクショナル照射でも点状出血しない

ピコスポット、ピコフラクショナル、ピコトーニングのそれぞれに照射モードを変更することができる点については、ピコシュアでもピコウェイでも同様です。

ピコシュアにはFOCUS照射(フラクショナル照射)ができるハンドピースがあります。従来のフラクショナルレーザーでは、熱エネルギーによる痛みと赤み(点状出血)、かさぶたが生じ、1週間ほどダウンタイムを取る必要があるという欠点がありました。

しかし、ピコシュアのFOCUS照射後は、一部に微小な点状出血が出ることはあっても、皮膚表面にダメージを与えることがありません。痛みも少なく、かさぶたになることもないため、ダウンタイムがかなり短く済み、さらに肌を傷つけずに、真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、シワ・ニキビ跡・毛穴の開きを改善します。

ピコシュアのダウンタイムや痛みなどのリスク

治療リスク

ピコシュアによる施術を受けた後に、発生する可能性があるトラブルは以下の通りです。

  • やけど
  • 色素沈着
  • 色素脱出
  • 点状出血
  • 水泡
  • スポット(しみ治療)したところはシミの色が濃くなることがある。
  • 炎症性色素沈着
  • 赤み
  • 肝斑が悪化することもある

ピコシュア施術のながれ

問合せ・予約:まずはクリニックや美容皮膚科に電話やインターネットなで予約をします。

診察・カウンセリング:クリニックや美容皮膚科に直接出向き、医師によるカウンセリングを受けます。心配なこと、疑問などはこのときに聞いておくようにしましょう。

クレンジング:洗顔し、メイクを落とします。

撮影:レーザー照射を行う前の状態を撮影します。

麻酔:痛みがかなり少ないので、使用しないことも多いですが、どうしても気になるなどの場合はクリーム状の麻酔を使用します。

施術:いよいよピコレーザーを照射します。

クーリング:パックでレーザー照射をした部位を冷却します。