最強のたるみ治療HIFU(ハイフ)

最強のたるみ治療HIFU(ハイフ)

たるみ治療を受けたいけれど、何が自分に合っているか、わからない。という方は多いかと思います。せっかくお金をかけて治療するわけですから、1回の治療で満足のいく結果を出したいものですね。

たるみ治療の中でも、最強と呼ばれているHIFU(ハイフ)についてご紹介します。

糸や高周波(RF)によるしわ、たるみ治療の美容マシーンは多く存在しますが、 表皮~真皮 までの浅い層にしかアプローチできないという難点がありました。その難点を克服したのが、高密度焦点式超音波HIFU(ハイフ)です。高密度の超音波を SMAS層(筋膜上層) に当ててしわを伸ばし、たるみを引きあげる、美容マシーンです。

効果は、たるみ治療(リフトアップ、タイトニング)、小顔効果、肌質の改善 と多岐に渡ります。

ハイフの原理

ハイフとは、高密度焦点式超音波を意味する英語「High lntensity Focused Ultrasound」の略です。ハイフは超音波を1点に集めて照射する方法です。

その原理は、小学生の頃に理科で行った実験に例えることができます。晴れた日に虫眼鏡で太陽光を集めて、黒い紙に光を1点に集中させると、紙が焦げます。この原理と同じように、体の組織の 1 点に超音波を集中させることで、ターゲットとする組織に熱を加え、リフトアップをするのがハイフです。

体内の 1 点だけに集中して超音波を照射するため、表皮やそのほかの組織に影響はありません。

ハイフのメカニズム

ハイフの強力なエネルギーは、身体の中で吸収されることによって熱変換され、レーザーや光(IPL)、高周波(RF)赤外線などでは届きにくかった 皮下組織内部にも浸透させることができます。その点に集束された部分だけが高温になり、65~75℃の凝固ゾーン が形成されます。65~75℃はコラーゲン生成に適した温度と言われています。

傷を付けない美容治療の中で、これほどまで深部 に作用できるものは、今のところハイフ以外にはありません。これまで外科手術でしかアプローチできなかった深部の層に届くのです。

コラーゲン生成だけでなく、ハイフのエネルギーを直接的に用いて筋膜を収縮させることにより、皮膚や皮下組織の引き締めも可能です。

皮膚の構造  ~表皮、真皮、SMAS~

表皮

表皮は、厚さが平均約0.2ミリのとても薄い膜です。肌(皮膚)のいちばん外側にあり、外部からの異物の侵入や体の水分の蒸散を防ぐバリアとなって、内部を保護しています。

真皮

真皮は表皮の内側にあって、肌(皮膚)組織の大部分を占めており、肌(皮膚)の本体ともいえます。部位などによって異なりますが、皮下組織を除くと平均で約2ミリの厚さがあります。

真皮は、「コラーゲン」という線維状のタンパク質がその大部分を占めています。そして、その間を「ヒアルロン酸」などのゼリー状の基質が水分を抱えながら満たしています。これに「エラスチン」という線維状のタンパク質も加わって、肌に弾力を与えています。これらの線維や基質を生成する細胞を、線維芽細胞(せんいがさいぼう)といいます。繊維芽細胞は、コラーゲンを作る工場と言われています。

SMAS層

SMAS層とは、「superficial musculo-aponeurotic system」の略称で、頭部から額、こめかみ、首などと連続しながら顔の広範囲に形成される表在性筋膜のことです。

人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層で形成されていますが、SMASはさらにその下に存在する筋膜で、表情筋を薄く覆っています。いわば皮膚の土台のようなもので、皮膚と皮膚を支える重要な役割を担っています。

若いうちはSMAS層もしっかりしていますが、加齢とともに劣化してくると皮膚を支えきれなくなり、しわやたるみといったエイジングサインが現れる原因となります。

HIFUの作用

表面的な小ジワが出来やすい表皮層(1.5mm) ・コラーゲンの減少が起きる真皮層(3.0mm) ・表情筋の老化に(たるみ)関与する SMAS 層(4.5mm) これらのカートリッジを使い分け、各層にダイレクトにアプローチさせます。

効果①熱収縮によるリフトアップ効果

土台となるSMAS層(表在性筋膜群)が衰えたままでは、いくら皮膚にアプローチして効果を期待することはできません。 SMAS 層を刺激することで、深層からフェイスリフト、肌の深部に熱刺激を与えることで、 組織の再構築や熱収縮を促進し、リフトアップ効果が期待できます。特に、真皮とその下の皮下組織と呼ばれる境目付近に広がるSMAS 層へ直接的な刺激を与え、メスを使わずにリフトアップを実感することができます。

効果②コラーゲンの生成による美肌効果

また、肌質改善に働く繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。

約70%がコラーゲンでできている真皮層にハイフの強い熱刺激を加えることで、創傷治癒力が働き、熱損傷によるダメージを受けた部分とその周辺を修復しようとコラーゲンが生成されます。 すると、コラーゲンやエラスチンといった肌にハリとみずみずしさを保たせるための成分の蓄積を促すことができ、美肌効果が期待できます。継続することで、半永久的にマイナス10歳 のお肌を保ちます。

HIFUの副作用  神経損傷、火傷など

HIFUの治療で良く起こる副作用は、”やけど”です。また、神経損傷なども報告されています。施術する医師の技術により左右されることがあります。

ダウンタイム

照射後、数日浮腫む可能性があります。

持続時間

超音波で熱を加えた、表皮、真皮、筋膜が徐々に治癒をしていく過程で、コラーゲンやエラスチンが増え、リフトアップをしていくため、施術後1ヶ月程度で効果を認識する人もいます。

しかしほとんどの方は2ヶ月目〜6ヶ月目に効果を実感する方が多いようです。 一度HIFU(高密度焦点式超音波)を受けると約1年はその効果が持続すると考えられています。

逆に、効果が高い分、次の施術までには半年間は期間を空けて 頂くことを推奨しています。

治療不可の方

持病や体調の状態によっては受けられない場合があります。

  • 心臓疾患がある人
  • 肝臓・腎臓に持病がある人
  • 静脈炎・血栓など、血管に問題がある人
  • 皮膚疾患がある。皮膚に関する手術や入院をした後である人
  • 施術する場所に傷・ヘルニアがある人
  • ペースメーカーを使用している人
  • てんかんの持病がある人(過去に患った場合も含む)
  • 施術する場所にシリコン・ヒアルロン酸・コラーゲン・貴金属などの異物がある人

ハイフと高周波の違い

ハイフ 高周波
効果 ピンポイントで気になる部分に照射。 表皮・真皮・皮下組織・筋膜(SMAM)まで作用 広範囲に照射。 表皮・真皮まで作用
ダウンタイム 約1週間の腫れ・浮腫み なし
持続期間 半年~1年 1か月
料金 クリニックによるが、全顔で およそ30万前後 クリニックによるが、5~10万前後
痛み 深い設定では痛みあり 笑気など、麻酔を使用する施設が多い ほとんどない。 皮膚の薄い部分は熱さを感じることがある

クリニックのハイフとエステのハイフの違い

最近では、エステでもハイフを扱う施設が増えています。では、クリニックのハイフとエステのハイフはどのような違いがあるでしょうか。

クリニックでのハイフ エステでのハイフ
料金 30万前後 数千円~数万円
施術時の痛み あり なし
持続期間 半年~1年 1か月

実は、医療機関以外の施設に「医療用の HIFU(ハイフ)機器」を置くことは許されていません。

細胞や組織を破壊することは医師法に抵触するため、医師がいないエステで行われるのは「違法」になってしまうからです。

そのため、エステに流通しているハイフマシンは「同じメカニズムを用いている」 だけであって、細胞が破壊されるほど温度が上がらないようリミッターが付いています。組織や細胞が破壊されることがない分、無資格のスタッフでも照射することが可能ですが、実際は、効果はありません。

医療用のハイフは、解剖経験を持ち、重要な神経の走行などを熟知している医師のみが施術 を行います。また、ハイフは照射自体に複雑な技術を必要とします。 満足のいく結果を求めるには、経験豊富でデザインするセンスを持ち合わせた医師に施術してもらうことがおすすめです。

治療後のお手入れ

施術後はいつも通り、メイク可能です。個人差はありますが、施術後2~3日は乾燥気味になることがあるため、保湿をしっかりすることをお勧めします。

特に運動制限や生活制限などはありませんので、そのままいつもの生活に戻っていただけます。

まとめ

ハイフについてお分かりいただけたでしょうか。 単純にハイフといっても、メーカーによってマシーン名が異なり、多くのハイフが存在します。ウルセラ・ウルトラフォーマー・ダブロ・・ など。 大事なお顔のリフトアップですから、安心して施術を受けられるクリニックを選びましょ

う。ポイントになるのは、最初の診察・カウンセリングです。十分な説明がないまま治療に入るのは、後にトラブルを起こす危険性があります。不安や心配な点は、事前に何でも質問し、答えてもらいましょう。

骨格や肉付き、脂肪の熱さには個人差がありますので、医学的な観点からアドバイスをもらえると、より安心して治療を受けられると思います。